MC用キャラを育成〜戦士編〜

  •  AKK
  • 最終更新日:
  • 1523 Views!
  • 4 Zup!
まず初めに。これをご覧になる前に「MC用キャラを育成〜基礎、職選び〜」を一通り見てください。
※諸注意
これはMC用キャラ、つまり50Lvまでの育成攻略です。
通常の育成方法とは違ってきますのでご了承ください。
誹謗、中傷のコメントはご遠慮ください。

MC用戦士を育成するに当たってのメリット、デメリット
一次、各二次の利点などを自己流で考えたものです。

[一次]
ファイター:育成が少々面倒な職です。
転職始めにリカバリー、バイタライズを上げなければいけないため、攻撃スキルに振れず一次序盤の効率は全職中最悪です。
ただパワーストライクがある程度上がれば並の効率を出すことができ、スラッシュブラストが10以上になればアリアントで高い効率を出すことができます。
一次では素DEXが10程度でもベタ装備とLv相応の狩場で狩っていれば問題ないです。

[二次]
ソードマン:育成は比較的楽です。
最速31LvでPGを振れるため、姫などで聖魔に吸わせてもらえば育成速度はトップです。
EX型にすれば戦士中トップクラスの火力があり、ブレイブ型にすれば物理職のサポートには欠かせないメンバーとなります。
剣は書が高いので、斧がオススメです。
片手斧は盾攻撃力が5程度でも両手斧と同等なので、資金がある人は片手にしてみるのもよいです。
MCでバランスよく活躍できるので一番のお勧め職です。

ページ:EX型剣ではソードマンと大差ありません。
HPが低めなので31LVの時点でPGがあったとしても吸うMOBに耐えられるかどうかが問題です。
鈍器は攻撃速度が遅いので火力としては斧に劣ります。
やるとしても片手鈍器+攻撃盾です。
ちなみにMPがソードマンより高いのでHPに振り返られる回数が多く、振り替えをした場合はHPとMPがソードマンと同等になります。

スピアマン:HB型にすればHPが低い魔、賊のサポートに向いている職になります。
あまり効果がないと感じる人もいるかもしれませんが、耐久力が上がるため死亡率が減り、それにより連続してモンスターを倒すことができるので全体的なCP獲得増加につながります。
ただ攻撃速度が非常に遅く、ダメージ安定しないため火力としては戦士中最低です。
PGによる吸いもできないので育成速度も普通程度です。

MCにおいてのそれぞれの役割、立ち回り
ソードマン:基本的には2:2でのMOB殲滅です。
3:3ではロボでもロムバでも力を発揮できます。
ブレイブ型はPTのCP効率を安定させることができます。
ブレイブをかける際には事前にドーピングを使っているメンバーがいるか確認し、いる場合はそのドーピングの効果終了後にかけるようにしましょう(10分以上のものはそのメンバーにかからないように心がける)。

ページ:ソードマンと同じく2:2でのMOB殲滅係です。
プレッシャー型という一風変わった育成方法もあります。
プレッシャーは発動速度が速いので、ジャンプしながら使用すれば移動と兼ねるため、タイムロスがほぼありません。
3:3では自分の担当している足場のMOBが全滅し、沸くまでの間に上段や下段のMOBに使用することによりPTの生存率を上げることもできます。
ただ、そこまで効果的ではなく2:2では攻撃しているほうがよほど効率的なのでお勧めはできません。

スピアマン:2:2でのMOB殲滅が担当ですが、場合によっては他職のほうが役立つ場面があります。
またEX型にする利点はあまりなく、素直にサポートできるHB型にするのがよいです。
MCに参加するに当たってのサポートは十分ですが、"吸わせ"をすること事態には役に立たないことが多いです。

育成方針、スキル振り
[三種共通]
・育成方針
どれをやるにあたっても、一番の問題となるのは命中率です。
50LVになればあまり問題はありませんが、育成途中で参加する場合はイリオスに当たらないなんてことがしばしばあります。
できるなら、DEX補正は30以上、素DEXは30以下、最終命中率は80以上が望ましいです。
STR補正は余裕がある人だけにしましょう。
また、武器防具ともにメインステータス以外の必要ステータスがないので、50LV装備はメーカーによるものが望ましいです。

・スキル振り(ファイター)
  1. は振ったSP、()内はその時のスキルLVです。
リカバリー+5(5)→バイタライズ+10(MAX)→パワーストライク+20(MAX)→スラッシュブラスト+20(MAX)→好きなもの+6
余ったSPはレストに+1(1)、リカバリーに+5(10)がいいです。
ソードマンブレイブ型志望の場合はブレイブの防御マイナスを打ち消す用としてアイアンボディに+1(1)振るのも良いです。

[ソードマン]
・育成方針
まず選ぶのは剣か斧ですが、どちらでも主力になりえます。
同じ資金ならばより強化が強いものが購入しやすい斧、極限まで資金投入できるならば剣がよいです。
2:2ではスラッシュブラストがメインスキルなので、片手の範囲でも十分です。
剣においては速度がやや速い"4"(七星剣等)の片手剣なら攻撃盾がなくても同等LVの両手剣と変わらない火力があります。
EX型、ブレイブ型かは自由ですが吸いなど火力が重要と思うならやはりEX型です。
ブレイブはPTの火力を安定させることができますが、低Lvのメンバーにかけると死亡率を上げることにもなります。
特に魔にとってはいらないどころかあると困るスキルなのでかけるタイミング、人というのは考えましょう。

・スキル振り
プログレス+5(5)→ブースター+5(5)→プログレス+14or15(19orMAX)→
EX型→EX+30(MAX)→残り自由
ブレイブ型→ブレイブ+20(MAX)→残りPG
プログレスは19でも20でもかまいません。
命中1の差というのはそこまでMCにおいて響く要素ではないからです。
EXアタックはSPを貯め、21以上貯まってから一気に振りましょう。
中途半端にあっても邪魔になるだけです。
EX型では残りをPGに振っても持続時間が短すぎるのでかける時間に攻撃時間を割かれますが、ブレイブ型ならなかなかの持続時間があるので良いです。
単純に接触ダメージを減らすだけではなく、接触による自身のKB距離を縮める効果もあるので安定して攻撃し続けられます。

[ページ]
・育成方針
剣か鈍器かは、結構悩めるところです。
鈍器書は斧以上に安いので同じ資金ならばかなり強化が高いものが購入できますが、それでも火力は並ぶか少し上回るか程度です。
無難に行くなら剣です。
またEX型かプレッシャー型かについてもEXのほうが役立つでしょう。
プレッシャー型にする場合はPGやブースターのLvを優先したほうがよいかも知れません。

・スキル振り
プログレス+5(5)→ブースター+5(5)→プログレス+15(MAX)→EX+30(MAX)→残りブースター
プレッシャー型は効率的ではないので省きました。
より火力を求めなければならないページは、適当なものに残りSPを振るよりはブースターの持続時間を上げてスキル発動によるタイムロスを減らしたほうがよいです。

[スピアマン]
・育成方針
上記にもあるとおりHB型がいいです。
鉾か槍かはあまり考えず、鉾にしたほうがいいです。
攻撃モーションの設定確立が振り:突きで6:4だからです。
槍をやる場合というのはよほど強いMスピアか釣竿(武器)がある場合くらいです。
鉾をやる場合、青龍偃月刀があるならばSTR特化の戦士でも良いですが、装備がないと育成が大変です。
また、最終武器は青龍偃月刀や釣竿などが望ましいのでどちらの場合でもメーカー品は防具だけでいいでしょう(メーカーによる補正より偃月刀等の命中分をSTRに回したほうが強いため)。

・スキル振り
プログレス+5(5)→ブースター+5(5)→プログレス+14(19)→アイアンウォール+3(3)→HB+30(MAX)→残りブースター
プログレスの19止めは特化が望ましく、それでも命中があまりかねないからです。
ブースターに残りSPを使うのはページと同じ理由です。
アイアンウォールは言うまでもなくHBに振るための条件です。

時間がないので、今はこれで終了です。後々推奨武器や他職との相性などを追加する予定です。

結果

とりあえずここまで。

ユーザーコメント(3件)

 

コメント※必須

画像 ファイルが選択されていません。
利用規約 利用規約に同意されます
ありがとうございます!!役に立ちました
返信する
  • (削除済み)
  • No.1596612
  • 2008-11-08 22:09 投稿
(削除済み)
とっても勉強になりました!

ありがとうです!
返信する