女性ジムリーダーと女性リーグチャンピオンのちょっとHな女子会

  • 1323 Views!
  • 2 Zup!
カルネ「シロナさん!」シロナ「カルネさん!どうしたんですか?」カルネ「ちょっと聞きたい事あって」
シロナ「聞きたい事?」カルネ「リョウスケ君の事で」
シロナ「エリートトレーナー・リョウスケ君の事ね?」カルネ「私、リョウスケ君の珍小を喰わえたいんだけど・・・!どんな風に味わうの?」シロナ「それは、口の中で蛇液を含んで珍小をパクりんちょ!
そして、蛇液たっぷりの珍小をさらに舌技を使い舐め回す!」カルネ「それで!」
シロナ「玉に優しくウルッとした唇でかぶり付き、舌先で舐める!その後に、蔭茎の裏筋~亀の頭!
亀の頭~蔭茎の裏筋まで舌先で舐めていく!その後に、手で扱く!扱きは、亀の頭に手のひらでクリクリ回して蔭茎を刺激するその時にあなたの好きなように珍小をマッサージする!
その後にローションをてに取り珍小を包み込むように握り口ゅ口ゅ音を出しながら玉と一緒にマッサージする!すると!リョウスケ君の珍小の先から潮が吹く!」

カルネ「勉強になったよ!ありがとう!」シロナ「私は、何回もリョウスケ君を烏賊せた女よ!」
アスナ「リョウスケ君!」リョウスケ「アスナ!あれ?ジムから出ても大丈夫なの?」
フウロ「大丈夫だよ!ねぇアスナ!」アスナ「うん!」シロナ「何してるの!」
アスナ「シロナさん!リョウスケ君をダグトリオにさせて!」シロナ「えぇ!」リョウスケ「えっ!ちょっと」アスナ「こういうの好きでしょ!リョウスケ君!」フウロ「うわ!ディグダのように
フニャフニャじゃん!」

カミツレ「リョウスケ君!」リョウスケ「あっ!カミツレさん!」アスナ「あっ!カミツレさんリョウスケ君の珍小をビリビリさせるんでしょ!」カミツレ「えぇ!私の愛情たっぷりのてのひらボルトで包み込んで蔭茎と亀の頭・玉!全てをビリビリさせる!これがあれば一発で精沚がドピュドピュ出る!」
アスナ「よーし!やっちゃえー!」フウロ「あっ!一気にオッキしたよ!」アスナ「うわ!もうどくどく言ってる!」リョウスケ「あー!」毒!ドピュ!ピュ!ピュ!
シロナ「すっごぉーい勢いで噴出しちゃった!」

アスナ「次は、私の番ね?私の愛情たっぷりの火炎放射口でリョウスケ君の珍小を萌やしてあげる!」
リョウスケ「もう!勘弁してくれよ!」

女子会は、まだまだ続く





結果

女性ジムトレーナーと女性リーグチャンピオンのちょっとHな女子会 

ユーザーコメント(1件)

 

コメント※必須

画像 ファイルが選択されていません。
利用規約 利用規約に同意されます
寒い冬にほっと暖まる裏技ありがとうございます!
特にタマゴ産ませる作業は眠気との戦いもありますからね!

ポケモンと○○の人外同士のストーリーも期待してます。
例えばなら幼年期ポケモンのピチューと幼年期デジモンのクルモン同士のストーリーとかは以外に有名でした。
返信する 返信表示(1