【ポケモン剣盾】サダイジャの育成論と弱点・対策

  • 1453 Views!
  • 1 Zup!

ポケモン剣盾(ソードシールド)のサダイジャの育成論です。おすすめの技構成や弱点、対策におすすめのポケモンなどを掲載しています。サダイジャを育成する際の参考にしてください。
サダイジャ

サダイジャの基本情報
タイプ・特性
タイプじめん
特性すなはき
攻撃技を受けると天気をすなあらし状態にする
特性だっぴ
自分の状態異常が毎ターン30%の確率で回復する
夢特性すながくれ
天気がすなあらしの時、回避率が1.25倍になり、
すなあらしのダメージを受けなくなる
夢特性の入手方法と解説

種族値
HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
72107125657071510
合計種族値ランキング

サダイジャの育成論
起点作りサポート型
起点作りサポート型
性格わんぱく(防御↑特攻↓)
特性すなはき
持ち物ゴツゴツメット
おぼんのみ
たべのこし
努力値HP:252、防御:132、素早さ:124

相手の物理アタッカーを受けつつステルスロックやまひをまいて後発のポケモンの起点作りを狙った型です。

素早さに124振ることでまひ状態のドラパルトを抜く調整になっています。HPは252になっていますが、たべのこしを採用する場合は16n+1調整になるように、HPに236振るのがおすすめです。

育成論一覧

おすすめ技構成
ステルスロック 確定技
起点作りサポート型の主要技です。相手ポケモンをうまく循環させることでダメージを与えやすくなります。

へびにらみ 確定技
ステルスロックと同じく起点作りサポート型の主要技です。まひ状態にすることで相手の素早さや技の成功率を下げることで後発のポケモンが戦いやすくなります。

じしん 確定技
命中威力ともに安定しているタイプ一致技です。

いわなだれ 選択技
採用することでこおり、ひこう、むしなど、対応できる幅が広がります。

がんせきふうじ 選択技
起点作りサポート型ではドラパルト抜き調整になっていますが、素早さをそこまで重視していない方はSへの努力値を減らしてがんせきふうじを覚えさせましょう。

サダイジャの弱点・対策
砂パかどうか確認しよう
サダイジャは被弾時に天候をすなあらしにすることができるため、砂パで運用されている場合が多いです。相手の手持ちを確認して砂パであるかどうかを見抜きましょう。

ある程度相手のパーティーを読めればこちらが有利なポケモンを選出することができるので、相手に対してアドバンテージを得ることができます。

ちょうはつで相手の攻撃を封じる
サダイジャはサポートとしての役割を持っているため、攻撃技しか出せなくなるちょうはつが非常に有効です。覚えている攻撃技はじめんかいわタイプが多いので、半減できるポケモンを選んでおくとより安定します。

おすすめポケモン
ポケモンおすすめ理由
ギャラドス
ギャラドス
・ちょうはつで相手の行動を制限できる
・みず技で弱点を突ける
・いわ技を覚えている場合は2倍を受けるので注意
水ロトム
水ロトム
・へびにらみのまひを無効化できる
・みず技で弱点を突くことができる

育成論一覧


 この裏技にZup!  (1) この内容が気に入ったらZup!(評価)してください